製品概要

透明ヒーター

ヒートラボの透明ヒーターは、高透明な導電性樹脂を抵抗体とした新素材の透明面状発熱体で、視認性が必要な場所の温めに適しています。

さらに従来のITO(酸化インジウムスズ)透明導電膜フィルムヒーターと比べて、きつい曲げや温度上昇によるマイクロクラック等の自己破壊が少ないという安定性が特徴の1つです。

 

ヒーターの構成

  • PET基材等の上に導電性樹脂をコーティングやスクリーン印刷で塗工します。
  • 水平電極を任意の場所に配置します。基本的に、シート抵抗(Ω/□)・電極の長さ・電極間の距離によって、ヒーターの端子間抵抗値が異なります。
  • カバーレイフィルムのラミネートや熱硬化レジストの塗工することにより絶縁します。
  • 電極に印加すると、電極間が発熱します。

透明フィルムヒーターの構成例

 

透明ヒーターの特徴

高透明性

ヒートラボ 透明ヒーター

透明度が高く、視認性が必要な箇所の加熱に最適です。

面発熱

ヒートラボ 透明ヒーター

全面で発熱しますので、均一な発熱が得られます。

優れた熱応答性

ヒートラボ 透明ヒーター

立ち上がりが非常に早く、目的温度まで急速に温度上昇させることが可能です。

柔軟性・密着性の高さ

ヒートラボ 透明ヒーター

厚み約0.1~0.5mmと薄く柔軟で、加熱対象に密着させて確実に熱を伝えます。

取り付けが容易

ヒートラボ 透明ヒーター

軽くて薄いので、窓ガラスなどへの取り付けが簡単です。

 

用途イメージ

このような目的の方におススメ!
  • 視認性が必要な箇所にヒーターを設置する必要がある方
  • 円筒の加熱対象物にヒーターを巻き付けて、円筒内を確認したい方
  • 信号や標識などの着雪防止に使えるヒーターをお探しの方
  • 金属箔ヒーターでは対応できない、極小サイズのヒーターを作製したい方(透明ヒーターではなく、小型ヒーターとしての使用)etc.

従来のITO(酸化インジウムスズ)透明導電膜フィルムヒーターの代替としての活用が期待されています。

(用途例)
標識の着雪防止

標識の着雪防止・融雪

LEDヘッドライトの着雪防止

LEDヘッドライトの着雪防止

信号機の着雪防止

信号機の着雪防止・融雪

  • 光センサーハウジングの曇り止め、監視カメラのガラス部防曇・結露防止
  • 寒冷地で使用されるガラス窓・照明の結露防止や凍結防止
  • 液晶の機動性補助、応答性補助
  • 試験管など理化学系器具の加温・保温
  • ヒーター機能付き回路基板
  • 観察しながら加温したい化学分析、細胞培養実験用ヒーターとして
  • 装置除き窓の結露防止
  • 加熱設備の熱源(ベッセル、中空管など)

この他にも様々な分野で活用できる可能性がありますので、業界問わずお気軽にご相談下さい。

 

基本仕様

透明ヒーターは基本的にお客様のご使用環境や条件に応じたオリジナル仕様で製造しており、下記仕様はあくまでも参考程度となります。

最大サイズ A3サイズ程度 (300mm×420mm程度)
最小サイズ 要相談 (使用電圧と要求温度により異なる)
厚み 0.1~0.5mm程度 (端子部を除く)
最高使用温度 200℃程度 (使用材料の耐熱温度により異なる)
端子部処理方法 銀電極露出、電気ハトメ取付け、圧着端子取付け等 詳細はこちら
温度制御 透明ヒーター自体に温度制御機能はありません。可変電圧やサーモスタット、又は電流調整ユニット等の外部回路でご制御下さい。

※その他にも参考データを技術情報に掲載しています。

透明フィルムヒーターの標準品(当社規格)もご用意しています。
詳しくは弊社Webショップ、または各取扱販売店をご覧下さい。

 

ヒーター製造までの基本的な流れ

ヒーター製造までの基本的な流れ

※上記は一例であり、臨機応変に対応致します。
※試作品開発(特注品作製)のみでもご相談可能です。

 

まずはお困りの内容をご相談下さい。050-3716-8358受付時間 10:00-18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせフォーム Webからのお問い合わせはこちらです