製品概要

画像準備中

ステンレス箔ヒーターは、SUS304などのステンレス箔をエッチング加工により回路形成し、抵抗体として使用した面状発熱体です。

フィルムヒーターとしての使用はもちろん、低粘着性の裏打ちフィルムを貼った状態で供給し、ステンレス箔単体での高温帯域を目的とした使い方も可能です。

このような目的の方におススメ!
  • マイカやセラミックス等で挟み、200℃以上の高温帯域での使用を検討されているお客様
  • 箔回路のみを別素材に貼り付けて使用したいお客様
ヒーターの構成

SUS箔ヒーターの構成例

※上記構成はフィルムヒーターの場合であり、セラミックやマイカ等に直接SUS箔を貼り付ける場合等とは構成が異なります。

 

ステンレス箔ヒーターの特長

自由自在な形状

画像準備中

印刷法で作製する為、穴あけ・異形などの複雑形状でも製造可能です。

柔軟性・密着性の高さ

画像準備中

凹凸がないフラット形状であり、厚み0.1~0.5mm程度と薄く柔軟性に優れています。その為、加熱対象に密着させて確実に熱を伝えることができます。

優れた熱応答性

画像準備中

薄く熱容量が小さいため立ち上がりが非常に早く、目的温度まで急速に昇温することが可能です。

高温帯域での使用が可能

画像準備中

マイカやセラミック等の耐熱性に優れた絶縁材に転写することも可能です。その為、フィルムヒーターでは対応できない200℃以上の加熱要求にも対応できます。

取り付けが容易

画像準備中

裏打ちフィルムから簡単に箔を剥がして使用することができる為、実装時の工数を大幅に削減できます。

 

 

活用イメージ・ヒント

準備中

 

 

 

基本仕様

ステンレス箔ヒーターはお客様のご使用条件や用途に合わせたオリジナル仕様で製造しております。そのため、下記仕様はあくまでも参考としてお考え下さい。

最大サイズ A3サイズ程度 (300mm×420mm程度)
最小サイズ 要相談 (使用電圧と要求温度により異なる)
厚み フィルムヒーターの場合、0.1~0.5mm程度 (端子部を除く)
裏打ちフィルム付ヒーターの場合、箔の厚みは0.05mm以下となります。
最高使用温度 700℃程度 (絶縁材の耐熱温度により異なる)
端子部処理方法 ステンレス箔露出、電気ハトメ取付け、圧着端子取付け等 詳細はこちら
温度制御 ステンレス箔ヒーター自体に温度制御機能はありません。別途、可変電圧やサーモスタット、又は電流調整ユニットなどの外部回路でご制御下さい。

※その他にも参考データを技術情報に掲載しています。

 

ヒーター製造までの基本的な流れ

ヒーター製造までの基本的な流れ

※上記は一例であり、臨機応変に対応致します。
※試作品開発(特注品作製)のみでもご相談可能です。

 

まずはお困りの内容をご相談下さい。050-3716-8358受付時間 10:00-18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせフォーム Webからのお問い合わせはこちらです